業界用語大辞典

【葬儀屋業界用語】避けては通れない!葬式で知っておきたい言葉まとめ

【カテゴリー】文化・地域社会 【タグ】冠婚葬祭 

人生の中で、避けては通れない冠婚葬祭の一つ。「葬儀」は人の死と向き合い、自分の人生とも向き合う大事な時間です。葬儀やお葬式に参列する際には分からない事も多いはずです。

この業界の言葉と意味を一つでも多く知っていれば、何かあった時に落ち着いた振る舞いが出来るかも知れませんね。

あ行

後飾り(あとかざり)
火葬場から戻った遺骨を四十九日まで安置する小祭壇のこと。
遺影(いえい)
祭壇などに飾る故人の写真、肖像画などのこと。
家墓(いえはか)
墓石に「○○家の墓」と刻まれる墓のこと。
遺骨(いこつ)
火葬などにして、後に残った骨。
遺産 (いさん)
死後に残された財産のこと。
遺族(いぞく)
死者の家族のこと。
一周忌(いっしゅうき)
命日から丁度一年目のこと。一周忌には僧侶による読経のあと焼香が行われ、最後に食事がふるまわれる。
位牌(いはい)
故人の戒名、俗名、没年月日等を記した木製の札。
引導(いんどう)
死者を成仏させるために法語を与えて、行くべき世界を教えること。
永代供養墓(えいたいくようぼ)
家族単位で墓の祭祀を行うのではなく、寺院が祭祀する墓のこと。
永代使用 (えいたいしよう)
承継者がいるかぎり期限を定めずに墓地の使用を許可すること。
エンバーミング
薬品などを用いて遺体に防腐・保存のための処置を施すこと。
お清め(おきよめ)
水や塩を用いて体を清める行為。死を穢(けが)れと捕らえない考えを持つ場合は行わない。
お斎(おとき)
葬儀や法事の後に頂く食事のこと。
お布施(おふせ)
一般的に法要に対する寺や僧侶への謝礼のこと。
お盆(おぼん)
亡くなった人の霊を祀る行事、またはその期間のこと。仏教用語の「盂蘭盆(うらぼんえ)」の略。

か行

戒名(かいみょう)
葬儀では導師が故人に対して仏門に入る事を許可して戒名を授与する。仏式葬儀には戒名が不可欠。
火葬(かそう)
遺体を火で焼き、骨にすること。日本では火葬率が一番高い。
火葬許可証(かそうきょかしょう)
火葬を許可する証明書のこと。役所で死亡届が受理された後に発行される。
神棚封じ(かみだなふうじ)
死者が出たときに神棚に白紙を貼って封じること。この白紙は、忌明けまで貼っておき、忌明けとともに取り除く。
忌明け(きあけ)
亡くなって四十九日の事を言う。
忌中(きちゅう)
近親者が死亡した後、49日忌明けまでの間、喪に服す期間。
脚絆(きゃはん)
死装束で足に巻くもの。
供花(きょうか)
喪家へ花を贈ること。一般的には、供花を祭壇に飾る際、贈り主と故人の関係が深い順に柩に近い方から並べる。
経帷子(きょうかたびら)
仏式で死者を葬るとき、死者に着せる白い着物。
清め塩(きよめじお)
葬儀から戻ったときに体に塩をふって清める風習。
釘打ち(くぎうち)
出棺に際し、棺に蓋をして遺族が釘を打って封じる慣習。
鯨幕(くじらまく)
葬儀などの凶事に使う白黒の幔幕(まんまく)のこと。鯨の体の色(黒と白)に似ていることからこう呼ばれるようになった。
具足(ぐそく)
道具のこと。例えば、三具足は花立、香炉、火立がセットになった仏具。
供物(くもつ)
お供え物のこと。葬儀などで死者に供える物。
供養(くよう)
供え物をして死者を養うこと。
検案(けんあん)
医師が死亡を確認し、死因や死亡時刻などの鑑別を総合的に判断すること。
献花(けんか)
霊前などに花を供えること。
献灯(けんとう)
葬儀の開式時などでローソクに火を付けること。または、焼香に代わる告別行為として、あるいは死者を追悼する催しでの追悼行為としてローソクに火をつけて捧げること。
香典(こうでん)
香に代えて故人に供える金銭や物品のこと。
香典返し(こうでんがえし)
香典のお礼として遺族が品物を返すこと。
合同葬(ごうどうそう)
企業が遺族と合同で葬儀を主催し、個人葬と本葬を一緒に行うこと。または、2つ以上の企業や団体が合同で行う葬儀のこと。
五具足(ごそくぐ)
仏具の呼称の一つ。香炉一つ、燭台(灯立)一対、花立一対で一組となる。
告別式(こくべつしき)
故人と親しかった友人・知人などが、故人と最後の別れをする儀式のこと。
心づけ(こころづけ)
使用人や給仕なのに謝意を示して、お金などを与えること。

さ行

斎場(さいじょう)
葬儀をする場所のこと。
祭壇(さいだん)
葬儀用に飾る壇のこと。
逆さ水(さかさみず)
ぬるま湯を作るときに、通常とは逆の手順で水を入れてから湯を注ぐこと。
散骨(さんこつ)
遺骨を粉状にして海や山、河にまく儀礼。
死穢(しえ)
死の穢(けが)れのこと。その昔、死は伝染すると信じられ、遺体や遺族は死で穢れてるとされた。「穢れ」の捉え方は時代や地域によって違うため、扱いに注意が必要である。
式辞(しきじ)
代表者が、儀式の席で述べる挨拶の言葉。
死後硬直(しごこうちょく)
死後、筋肉が硬化して関節が動かなくなること。
四十九日(しじゅうくにち)
命日を含め、亡くなってから49日間を「中陰」と呼び、弔いのための重要な期間としてる。
自然葬(しぜんそう)
墓でなく海や山など、自然の中に遺体や遺灰を還す葬送の方法。
死体検案書(したいけんあんしょ)
死亡事由などについての検案について記した書類のこと。死亡診断書と死体検案書の様式は同一のものである。
死装束(しにしょうぞく)
死者に着せる衣装のこと。
死斑(しはん)
人の死後、遺体に起こる変化のこと。
死亡診断書(しぼうしんだんしょ)
死亡事由などについての検案について記した書類のこと。死亡診断書と死体検案書の様式は同一のものである。
死亡届(しぼうとどけ)
人が死亡したときに戸籍を末梢するために、役所に届け出ること。死亡診断書か死体検案書を提出する必要がある。
社葬(しゃそう)
企業主体で行われる葬儀のこと。
収骨(しゅうこつ)
火葬が終わった後に骨を拾い、骨壺に収めること。
宗旨(しゅうし)
宗教の流派・分派のこと。
自由葬(じゆうそう)
宗教にとらわれず自由な形で葬儀を行うこと。
出棺(しゅっかん)
告別式終了後、遺体の入った棺を霊柩車にのせて出発するまでのこと。
修祓(しゅばつ)
神に祈り、罪、穢れ、災いなどを取り去るために行う儀式のこと。「祓(はら)い」とも言う。
焼香(しょうこう)
仏や死者に対して香を焚いて拝むこと。
荘厳(しょうごん)
仏前を美しく飾ること。
精進落とし(しょうじんおとし)
四十九日の忌明けに精進料理から通常の食事に戻すこと。精進明け、精進上げとも言う。かつて肉食を絶った精進料理を食していたことから。現在では、初七日や葬儀明けに短縮されることも多い。
祥月命日(しょうつきめいにち)
一周忌以後の当月の命日のこと。
初七日(しょなのか)
亡くなった当日を含めた七日目の法要のこと。一般的には、葬儀当日に繰り上げて行う。
助葬(じょそう)
身寄りのない者や身元不明の人などが死亡した後、縁者や関係者によって葬儀が行われない場合に、社会福祉事業や慈善事業団体などにが変わりに葬儀を行うこと。
水葬(すいそう)
遺体を海や川に沈める葬法のこと。
生花祭壇(せいかさいだん)
生花で飾られた祭壇のこと。
生饌(せいせん)
神道で神前に供える食べ物のうち洗米など未調理の食べ物のこと。
生前予約(せいぜんよやく)
自分の死後の葬儀の内容や費用などに関して生前に予約すること。
施主(せしゅ)
葬儀の運営や費用の支払いについての責任者。
喪家(そうか)
死者をだした家族のこと。「葬家(そうけ)」とも言う。
葬儀(そうぎ)
人の死を弔うために行われる祭儀。
葬儀式(そうぎしき)
人の死を弔うために行われる祭儀。
葬具(そうぐ)
葬儀式を行うために必要な道具のこと。
葬家(そうけ)
死者をだした家族のこと。「喪家(そうか)」とも言う。
葬列(そうれつ)
列を組んで遺体を火葬場または墓地に運ぶこと。
即返し(そくがえし)
葬儀当日に香典返しをすること。即日返し、その場返しとも言う。
祖霊祭(それいさい)
神道で行う、十年おきに五十年祭まで先祖の霊を祭ること。

た行

荼毘(だび)
火葬のこと。
檀家(だんか)
その寺の信者となり、お布施などの経済的な援助を行い、葬式・法事などを行ってもらう家。
団体葬(だんたいそう)
団体が主催する葬儀のこと。
檀那寺(だんなでら)
檀家となっている寺のこと。
弔辞(ちょうじ)
告別式で読まれる故人を弔う文章のこと。
弔電(ちょうでん)
遺族に向けて発信された故人を弔う電報のこと。
弔問(ちょうもん)
死者の遺族を訪問して、お悔やみを述べること。
追善供養(ついぜんくよう)
亡くなった人のために、生きている者が供養すること。
通夜(つや)
死者を葬る前に家族や親族、知人が集まって故人を偲び故人の側で一夜を明かす事を言う。近年、通夜が実質的な葬儀の役割を果たしている場合も多い。
通夜振る舞い(つやぶるまい)
通夜後に、弔問客に食事や酒を振る舞い、感謝の気持ちを表す席のこと。
手甲(てこう)
死装束の仏衣で用いる手の甲を覆う布のこと。
手水(てすい)
手を清める水のこと。また神事の前に手を洗うこと。
導師(どうし)
法要の中心となる僧のこと。
答礼(とうれい)
会葬者の弔問に対し遺族がお礼すること。
読経(どくきょう/どっきょう)
仏教徒がお経を読むこと。
土葬(どそう)
遺体を土に埋蔵する葬法のこと。
友引(ともびき)
六曜の一つで何をしても勝負がつかない日。

な行

念仏(ねんぶつ)
南無阿弥陀仏を唱えること。
納棺(のうかん)
遺体を棺に納めること。
納骨(のうこつ)
遺体を火葬し、拾骨した骨をお墓や納骨堂に納める事を言う。

は行

箸渡し(はしわたし)
二人で組になり遺骨を骨壺に納める収骨方式。
彼岸(ひがん)
死者を追悼する季節。春分・秋分を中日とし、前後各3日を合わせた7日間のこと。
棺(ひつぎ)
遺体を納めて葬るための容器のこと。木製の場合は木棺(もっかん)、石造の場合は石棺(せっかん)と言う。
副葬品(ふくそうひん)
葬儀に際して死者と共に埋葬される物のこと。
仏具(ぶつぐ)
仏教の儀式で使用される特殊な道具のこと。
返礼品(へんれいひん)
葬儀にかかわった人に振る舞う品物のこと。会葬礼品、通夜返し、香典返しなど。
法事(ほうじ)
儀式祭礼などの仏教行事一般のこと。法要ともいう。
芳名板(ほうめいばん)
供花を供えた人の名を、供花とは別に一覧にして示す形式のこと。
本葬(ほんそう)
密葬に対して言われる本式の葬儀のこと。
分骨(ぶんこつ)
2カ所に納骨したい場合、骨揚げの時に分骨用の骨壺を持っていくこと。
菩提寺(ぼだいじ)
先祖代々の位牌やお墓が置いてあり、葬式や法事を行う寺。

ま行

埋葬(まいそう)
土葬の場合、死者を土の中に埋めること。火葬の場合、遺骨を埋めること。
前机(まえつくえ)
三具足や五具足を置く机のこと。
枕飾り(まくらかざり)
遺体を安置した枕もとに設ける臨時の祭壇。
枕机(まくらつくえ)
枕飾りをする机のこと。
枕直し(まくらなおし)
遺体を安置する際に北向きまたは西向きに寝せること。あるいは、部屋の右手に頭がくるようにすること。
枕花(まくらはな)
枕飾りに供える花のこと。
枕飯(まくらめし)
死亡直後に新しく炊いたご飯を本人愛用の茶碗に盛りつけて枕元に供える。箸を二本、または一本立てることが多い。
末期の水(まつごのみず)
臨終に際して、死んでいく人の口にふくませる水。死に水とも言う。
三具足(みつぐそく/さんぐそく)
仏具の呼称の一つ。香炉を中心に、燭台(火立)、花立各一つずつ立てて一組となる。
守り刀(まもりがたな)
遺体の魔除け用として遺体の上に置く。
密葬(みっそう)
内々でする葬儀。
無宗教葬(むしゅうきょうそう)
特定の宗教の方式によらない葬儀。
喪主(もぬし)
遺族を代表して祭祀を主宰するもの。
喪中(もちゅう)
喪に服している期間のこと。
喪服(もふく)
喪に服してる者が着る着物のこと。現在は礼服の意味が一般的。

や行

湯灌(ゆかん)
仏葬で、棺に納める前に遺体を湯で拭き清めること。
夜伽(よとぎ)
通夜などで夜通し付き添うこと。

ら行

立礼(リュウレイ)
立って礼をすること。
臨終(りんじゅう)
死に臨むこと。死に際。
霊柩車(れいきゅうしゃ)
遺体を運ぶための車のこと。
六灯(ろくちょう)
六道にちなみ、六道祭壇の上に左右3つずつ灯りが供えられること。
六道(ろくどう)
仏教における、地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天人の六つの世界のこと。
コメント
コメント投稿
URL:
コメント:
PASS:
秘密: 管理人のみに公開
 
≪次のページ|トップ|前のページ≫
[ FC2 ID ][ Template by ウェブランサー ]
[FC2 AD]