業界用語大辞典

スポンサーサイト

【カテゴリー】スポンサー広告 【タグ】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Web業界用語】WebデザイナーやWebディレクターが良く使う言葉まとめ

【カテゴリー】IT・ネット業界 【タグ】ウェブ制作 パソコン ネット 

IT業界の一種ですが、制作現場でも様々な専門用語が使われています。

頭に「Web」が付くデザイナー、プログラマー、ディレクター、プランナー、コーディネーターは、肩書きだけ聞いても、いったい何をやっている人なのか分からないですよね!同じ肩書きでも違う事をやっている人もいるので、ある意味特殊な業界とも言えます。

あ行

アクセシビリティ (accessibility)
アクセシビリティは「使いやすさ」を表す指標のこと。ユーザビリティと意味は似ているが、違うニュアンスを含む。文字の大きさは適切であるか、画像に代用文字を指定してあるか、スタイルシートをオフにした状態でも問題なく内容を把握することが出来るか、障害を持った人でも容易に利用する事が出来るかなど。あらゆる状況下において、そのサイトを利用するにあたって不備は無いかを示す時などに使われる。
アサイン (assign)
「割り当てる」という意味で使われる。例えば「新機能の実装にプログラマー2名アサインしといた」というような使われ方をする。
Webディレクター
クライアント、またはプロデューサーやプランナーからの要望を整理し、デザイナーやプログラマーに指示を出して、サイトが完成するまでの工程を管理する。通常デザイナーやプログラマーを数年間経験して、複数のクリエイターをまとめて指揮する立場になるため、Web制作に対する深い知識と、プロジェクト全体を見渡せる経験が要求される。
Webデザイナー
主にクライアントから受けた依頼をインターネット上で見える形にするための作業を行う人。HTMLとCSSを駆使して、「見た目」を構築していく。Photoshopやillustratorなどの画像編集ソフトを扱うスキルも事実上必須。一人でプログラムまでこなす者も多い。
Webプランナー
クライアントの要望に対して最も適した表現や仕組みを提案する事が主な業務。その上で制作者に作業のイメージやスケジュールを伝えるために情報を整理する。クライアントと制作者の間に立って物事を考え、作業が順調に進むように企画、整理、提案をする。
Webプログラマー
主にインターネット上で動くシステムやアプリケーションを作る人。会員制のWebサイトや新しいサービスの構築を手がけ、デザイナーには出来ない複雑な処理を理解する必要がある。CGI、PHP、JAVAなどのプログラミング言語のスキルが必要。ウェブデザイナーと比べると、プログラム一筋に徹する人が多い。
HTML
Webページを作る際に必要になる基礎的な言語。HTMLをウェブブラウザが読み取ってWebサイトを表示する。日本語や英数字はコンピューターにとってはただの文字列でしかないため、HTMLで文字列に意味を付けていく事で認識させる。またHTMLを読み込んで表示させるためのものが、一般的に言う「Webブラウザ」。

か行

カンプ (comprehensive layout)
見本のこと。「デザインカンプ」や「カラーカンプ」など。
クライアント
Web制作の依頼主の事。クライアントの要望に答えたり、提案していくのがWeb制作の基本。
クロスブラウザ
バージョンやOSに関係なく、どのブラウザで見ても問題ないサイトやプログラムの事。
コーダー
指定されたプログラムを記述していく人。マークアップエンジニア(Markup Engineer)とも呼ばれる。
コーディング (coding)
主にWebページを構成するHTMLやCSS、PHPやRubyなどのプログラムを書き込んでいく作業のこと。マークアップ(Markup)とも呼ばれる。

さ行

CSS (Cascading Style Sheets)
CSSはHTML言語に対して使われるスタイルシートの一種で、この業界ではスタイルシート=CSSである。HTMLは文字列に意味を付けるもので、見た目や表現を指定するものではないとされ、背景色やフォントの種類、文字の大きさや色、画像の配置などをスタイルシートで記述する事が推奨された。
CGI (Common Gateway Interface)
HTMLだけでは実現出来ない動的な処理を、Webサーバー側で可能にするプログラミング言語。ユーザーのアクションに応じてサーバー側で処理が実行され、結果がブラウザに渡されるため、環境依存が少なく重宝されている。このようなプログラムが使われているページは「動的ページ」、CGIのような言語を「サーバーサイドスクリプト」と呼ばれる。
JavaScript
JavaScriptはユーザーのアクションに応じてブラウザがプログラムを実行するので、「クアイアントサイド」と表現される事もある。HTMLだけでは実現出来ない、動的な処理を可能にする。古いPCや特殊なブラウザを使っているユーザーがいた場合、想定していた結果が得られないため、利用者の環境依存が強い。

た行

デスマーチ
納期に追われ、寝る暇もないほど忙しい状態。または常識的に考えて通常では達成不可能と思われる無理なスケジュールが決定した状態。プログラマーが恐れ、最も遭遇したくない状況である。「デスマ」と略されることもある。

は行

バナー (banner)
Webページ上に表示する画像広告のこと。自分の運営するサイトに張り付けて広告収入を得たり、他のサービスを紹介するために使う。
バリド (valid)
マークアップ言語で書かれた文章が正しい場合に使う。validなサイトを構築出来る事は一つの売りになる。
パンくずリスト
ユーザーがサイト内で迷わないように、今現在どの位置を参照しているのか分かるように表示するリストのこと。直感的なナビゲーションを設置する事はユーザービリティ向上につながる。
フィックス(fix)
固定させるという意味。ブラウザをスクロールさせた時に一部のデザインを固定する時などに使われる。一部「決定する」という意味でも使われる。例えば、「次の打ち合わせ20日15時でFixね」など。
FLASH(フラッシュ)
Adobe社(旧Macromedia社)のFLASH技術を使ったもの全般を指す。複雑なアニメーションやゲーム要素のある広告を制作する場合「FLASHバナー」と呼ぶ。Webサイトの要素を全てFLASHで構築する場合「フルフラッシュ」などと呼ぶ。
ブラッシュアップ (brushup)
Webサービスの使用感を良くするために、デザインやレイアウト、スクリプトに磨きを掛けること。どうすれば良くなるかを試すには、実際にユーザーテストしてみるのが一番である。

ま行

モックアップ (mock up)
Webサービスの制作段階で、製品を検討するために作られるテスト版の「模型」のこと。各機能のレイアウトやデザインをモックで確認し、改善していく。

や行

UI (user interface)
ユーザーインターフェイスの略。利用者が実際に使う部分を指してこう呼ぶ。WebサービスにおいてUIの使いやすさが重要で、デザイナーのスキルが問われる。人間工学や行動心理学が取り入れられ、日々徹底的に調査、改善が行われている分野でもある。
UX (user experience)
ユーザーエクスペリエンスの略。ユーザーがサービスを利用したときに得られる体験や感覚のことを指す。「ユーザインタフェース」や「ユーザビリティ」よりも更に抽象的な概念。利用者がそのサービスを受けた時に、好感を持つためには、洗練された体験が必要である。リピーター確保や口コミ効果を狙うには、無視できない要素であると言える。
ユーザビリティ (usability)
利用者がWebサイトに訪れた際に、目的を達成するまでに感じる使いやすさの指標。ユーザビリティを重視したサイト設計は好感を持たれる。

わ行

ワイヤーフレーム (wire frame)
Webサイトを作る前の段階で、イメージを共有するために用いられるラフスケッチ。各要素を線で区切って大まかなレイアウトなどを決めていく時に作成する。
コメント
コメント投稿
URL:
コメント:
PASS:
秘密: 管理人のみに公開
 
≪次のページ|トップ|前のページ≫
[ FC2 ID ][ Template by ウェブランサー ]
[FC2 AD]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。