業界用語大辞典

バンド / ミュージシャン関連の業界用語

【カテゴリー】文化・地域社会 【タグ】バンド 楽器 

バンド(楽器)をやっている人と聴くだけの人で、音楽の捉え方はかなり異なると思いますが、どちらも音楽が好きなことに変わりはありません。

楽器ができない人にとってはバンドをやっている人を凄いと思うかもしれません。彼らが使っている業界用語を知ると、その世界観を少し共有できるかも知れませんね!

あ行

アタマ
一拍目のこと。4拍子の歌であれば、1・2・3・4の1の部分。
ウラ
たとえば4拍子の歌であれば、1・2・3・4・の「・」に相当する部分。
MC(エムシー)
曲と曲の間にメンバーが告知やパフォーマンスをする時間のこと。または司会役。
オール
オールナイトイベントの略。深夜から明け方まで行うイベント。
オールスタンディング
全員立ち見の会場のこと。

か行

返す(返し)
例えばベースの音をもっとモニターから大きく出してもらいたい場合、「ベースもっと返してください」というように用いる。
完パケ
予定された演目が全て終了し、後片付けも終わってあとは帰るだけの状態。
逆リハ
例えば、その日のライヴにバンドがA→B→C→D→E→F→Gの順で出演する場合、G→F→E→D→C→B→Aの順でリハーサルを行う方式。
キャパ
キャパシティーの略。そのハコに何人くらい入れるかの目安。

さ行

順リハ
その日のライヴにバンドがA→B→C→D→E→F→Gの順で出演する場合、同じくA→B→C→D→E→F→Gの順でリハーサルを行う方式。

た行

対バン
同じ日にブッキングした他のバンド。
ダイブ
モッシュダイブ=客席の特に人口密度が高い場所へ体をゆだねて、他のオーディエンスに持ち上げてもらい、人の波の上を移動する行為。海外では、観客の頭上を泳ぐ動作はクラウド・サーフと呼ばれる。
取り置き
事前にライブチケットを受け取れない人が、当日ライブハウスのカウンターにチケットを取り置いてもらって、名前を言って入場出来るようにしておくこと。
ドンカマ
リズムマシンで正確な速度をモニターするためのクリック音。またはそれを聞きながら演奏すること。

は行

ハウリング
ギターのピックアップやマイクなどの音を拾う機器が、スピーカーの出す音を拾うことによって起こる、キーンというノイズ。一種の無限ループ状態。
ハコ
ライブハウスやクラブの事。規模によって大バコ、小バコなどと表現する。
ブッキング
次回のライブの出演をバンドとライブハウスで取り決めること。

ら行

リハスタ
リハーサルスタジオの略。
レコスタ
レコーディングスタジオの略。

わ行

ワンドリンク
ライブハウスに入場する際に、一人一杯分のドリンク料金を払うルール。ライブハウスの貴重な収入源。

アルファベット

BPM(ビーピーエム)
曲の速度。BPM120が時計の秒針の速度と同じ。
DTM(デーティーエム)
デスクトップミュージックの略。別名「宅録」と言って、自宅でPCを使ってバンドのデモ音源などを作ること。

コメント
承認待ちコメント / #
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/12/10(月) 23:15 |
コメント投稿
URL:
コメント:
PASS:
秘密: 管理人のみに公開
 
≪次のページ|トップ|前のページ≫
[ FC2 ID ][ Template by ウェブランサー ]
[FC2 AD]