業界用語大辞典

スポンサーサイト

【カテゴリー】スポンサー広告 【タグ】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【芸能界用語】テレビで芸能人が使ってる隠語やスラングのまとめ

【カテゴリー】職業別/業界別 【タグ】芸能界 

「業界用語」と聞いて真っ先に浮かぶのは芸能界です。

仕事の効率を上げるための現場用語もありますが、面白い隠語もあります。

元々隠語は、会話の内容をあまり知られたくない芸能人や業界人が、一般人やパパラッチを避けるために使っていたようですが、テレビで普通に使われるようになって、隠語としては機能しなくなってしまいました。

現在は、もっぱらネタというか、コミュニケーションツールの一つとして使われているようです。もしかしたら私たちの知らないところで、新たな業界用語が作られて、使われているかもしれませんよ!

あ行

アイキャッチ
視聴者の注目を集めるような映像や演出。またアニメの中盤でCM放送前後に映される番組タイトルクレジットのこと。
あいのり
決定しているスケジュールに新たに入り込んでくること。
アテレコ
洋画やアニメに、人物の口の動きに合わせて声優が声を吹き込んでいくこと。
穴アケ
受けた仕事に行かないこと。スケジュールに穴を空けてしまう状態。
あぶらげ
セットの角の部分に用いられる平台の一。三角形の直方体である。見た目が油揚げに似ている事からそう呼ばれる。
アフレコ
「アフター・レコーディング (After Recording)」の略。無音映像に、後からセリフや音楽を録音すること。
内トラ
スタッフをエキストラで使うこと。
AD(エーディー)
「アシスタント・ディレクター (Assistant Director)」の略。主に雑用係。
AP(エーピー)
「アシスタント・プロデューサー (Assistant Producer)」の略。
APS(エーピーエス)
コンピュータ制御により、番組とCMの放送を、時間どおり正確に流すためのもの。
HH(エイチエイチ)
「Hitch-Hike(ヒッチ・ハイク)」の略で、番組放送終了直後に流されるコマーシャルのこと。
NG(エヌジー)
「No Good」の略。つまり、やり直し。
FC(エフシー)
ファンクラブのこと。
F1層(エフワンそう)
F1層は20~34歳までの女性(Female)の事。35~49歳までの女性はF2層、50歳以上をF3層と呼ぶ。元はビデオリサーチ用語。
M1層(エムワンそう)
M1層は20~34歳までの男性(Male)の事。35~49歳までの男性はM2層、50歳以上をM3層と呼ぶ。元はビデオリサーチ用語。
MC(エムシー)
「Master of Ceremony」の略で、司会者という意味。
お金の数え方
芸能界のお金の数え方の由来は、クラシック演奏家のギャラにある。演奏家達は、数字を音の単位に置き換えて表現していた。アルファベットの読み方はドイツ語である。
1は「C」に置き換えるので、1万はツェーマン
2は「D」に置き換えるので、2万はデーマン
3は「E」に置き換えるので、3万はイーマン
4は「F」に置き換えるので、4万はエフマン
5は「G」に置き換えるので、5万はゲーマン
6は「A」に置き換えるので、6万はエーマン
7は「B」に置き換えるので、7万はハーマン
8は「Octave(オクターブ)」で、8万はターブ
9は「9(ナインス)」で、9万はナイン
押す・押し
予定より撮影の進行が遅れること。「時間が押している」などと言う。
オフ喋り
アナウンサーがスタジオ以外の映像のためにコメントを喋ること。

か行

確定タイム
番組フォーマット上で予め決めてある時刻のこと。
ガバチョ
ガムテープ。目印や仮止めに使う。
かぶる
出演者が他の出演者と同時に喋ってしまったり、身体がカメラ位置に対して重なってしまったりすること。
完パケ(かんぱけ)
CMや提供表示などを含めて、番組素材が完全にパッケージされていること。全工程が終了する事。
カンペ
カンニングペーパーの略。決まったセリフや段取りを視聴者に見えない所に用意しておくメモ。スタッフがスケッチブックに書いて指示を出すこともある。
キュー
動きやセリフの合図。
ぎろっぽ
六本木のこと。
ケツカッチン
終了時間に制約があり、のんびり収録できないこと。

さ行

CX(シーエックス)
フジテレビ(JOCXTV)のこと。
CC(シーシー)
「Cow Catcher(カウ・キャッチャー)」の略で、番組冒頭のコマーシャルのこと。
シースー
寿司のこと。
CP(シーピー)
「Chief Producer(チーフ・プロデューサー)」の略。その番組プロデューサーの責任者。
スポット
業界の有力者や事務所と関係がある金持ちの指名により単発でする枕営業のこと。
スポットCM
番組には関係なく、番組と番組の間のステブレに放送するCM。
生活枕(せいかつまくら)
収入の少ない売れる前のタレントを事務所の知り合いの金持ちに面倒を見てもらうこと。
接待(せったい)
事務所の便宜を図ってもらうためVIPや先生と呼ばれる人に対して行われる枕のこと。
ぜひモノ
是非とも紹介しなければならないモノの俗称。

た行

ダブり
1日に2本仕事をすること。
てばたき
テレビ番組の観客のこと。
デルモ
モデルのこと。
てれこ
あべこべ、食い違い、入れ違い、ちぐはぐになること。
ドーラン
肌の色をきれいに出すための化粧品。ドイツの会社名「Dohran」が由来の商品名。
読モ(どくも)
読者モデルの略。
取っ払い
出演者のギャラを現場で支払うこと。
トラ
エキストラのこと。EXとも言う。

な行

なめる
主に被写体に寄った映像(足元などから)で全体を舐めまわすようにカメラアングルを変えて撮影すること。

は行

バースタ
スターバックスコーヒーの略。
バーター
若手タレントや芸人を露出するために、人気のある者と抱き合わせで出演を交渉する時などに用いられる。
パイオツ
女性の乳房のこと。
ハケる
出演者が舞台や画面の外に出ること。
はだか
単身で出演契約すること。
バミる
立ち位置をマークすること。
パン
カメラを振る事。「左からパンしてリポーターを写す」などの表現で使う。
番宣(ばんせん)
放送局が自局の番組や映画を宣伝すること。
ぴーちくっぱ
乳首が立ったこと。
Bプロ
生放送が万が一、中止になった場合に放送するために用意された番組のこと。
ピン
一人で活動する芸能人。「ピン芸人」など。
ぶっつけ
ぶっつけ本番のこと。
ぶら下がり
CMの最後に出るタイトルのこと。
フルーツ
事務所にいいように使われている接待要員。場を華やかにするための若い女性。
べしゃり
喋る事。
放送コード
一般的に、公の場において不適切な言葉や発言を制限する基準。放送コードに引っかかる内容だと編集でカットされたり、モザイクやピー音で分からないようにする。

ま行

前フリ
番組やイベントなどで本編に入る前に話題の流れを作ること。
まいう~
旨い!美味しいという意味。ホンジャカマの石塚英彦と、振付師兼ダンサーのパパイヤ鈴木が「元祖!でぶや」という番組内で、旨いものを食べた際に「まいう~」と言ったことから広まった。
巻く・巻いていく
予定よりも早く終わる事。急ぎで帳尻を合わせようとする事。
枕営業(まくらえいぎょう)
仕事をもらうために番組のPやDやMC、スポンサーなどと寝ること。
まんお
女性の陰部のこと。別名「おんま」。

ら行

ランスルー
本番と同じセットや機材、進行で行うリハーサルの事。
リハ
リハーサルの略。本番前の予行練習。
ルイージ
いじること。
レフ板
屋外ロケをするときに、照明係がもつ反射板。
ロケハン
「ロケーションハンティング」の略。ロケを行う際に、場所探しや出演者の立ち位置を決めること。
ワイハ
ハワイのこと。
コメント
コメント投稿
URL:
コメント:
PASS:
秘密: 管理人のみに公開
 
≪次のページ|トップ|前のページ≫
[ FC2 ID ][ Template by ウェブランサー ]
[FC2 AD]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。