業界用語大辞典

【サーフィン用語】サーファーになるなら知っておきたい言葉まとめ

【カテゴリー】運動・スポーツ 【タグ】サーフィン レジャー スポーツ 

夏のスポーツ「サーフィン」は、自然と直接関わるスポーツだけに予測出来ない部分も多く、それだけに魅力的です。やればやるほどのめり込むと言われるのも納得ですよね。

サーフィンで使われている言葉を知ると、もっと海が楽しくなるかもしれませんよ!

あ行

アイランドプルアウト (island pull-out)
波がダンパーになるときに、ボードのレールを持って、ノーズから波に突っ込むプルアウト。潜り込むようにして波の裏側へと出る技。
アウトサイド (outside)
波がブレイクしはじめている沖のエリアのこと。
アウトライン (outline)
サーフボード全体の形状のこと。
アップス・アンド・ ダウンズ (ups and downs)
ボトムターンとトップターンを連続して行い、波の斜面を上下に行き来しながら勢いを付けていく技。
インサイド (inside)
岸に近い海のこと。
インターフェア (interfear)
波に乗るサーファーの進路を邪魔する行為。
エアリアル (aerial)
波を飛び出して空中で決める技のこと。エアボーンとも言う。
エアボーン (airborne)
波を飛び出して空中で決める技のこと。エアリアルとも言う。
ウィンディー (windy)
風が強くてサーフィンしずらい状態。スプーキーとも言う。
ウィンドスウェル (wind swell)
風波のこと。海風のときに発生する。
ウェット・スーツ (wetsuit)
体にフィットする水中用の防寒スーツ。
ウォーターショット (water shot)
水中から撮影した写真のこと。
ウォール (wall)
波が盛り上がって、壁状になること。
エアボーン (air born)
波のフェイスから空中に飛び上がる技のこと。エアリアルとも言う。
エアリアル (aerial)
波のフェイスから空中に飛び上がる技のこと。エアボーンとも言う。
ASP(エーエスピー)
アソシエーション・オブ・サーフィン・プロフェッショナルズの略。
NSA(エヌエスエー)
ニッポン・サーフィン・アソシエーションの略。
NSSA(エヌエスエスエー)
ナショナル・スカラスティック・サーフィン・アソシエーションの略。
エッジ (edge)
ボードのレールやボトムにある角度のこと。
エポキシ (epoxy)
サーフボードを構成する素材の一種。エポキシボードは、従来のポリエステルボードの10倍の耐久性があると言われる。また、軽くて頑丈なために波に対しての反応が良いとされる。
オフザトップ (off the top)
鋭いボトムターンから波のトップへ向かい、ターンを くり出すテクニックのこと。
オフザリップ (off the rip)
波がくずれる寸前の波のトップへ向かい、トップでクイックターンをくり出すテクニックのこと。オフザトップの一種である。
オフショア (off shore)
岸から沖に向かって吹く風のこと。オンショアはその逆。
オンショア (on shore)
沖から岸に向かって吹く風のこと。オフショアはその逆。
丘サーファー
サーフィンをしないのにサーファーを気取る人。

か行

カール (curl)
波の先端が巻いている状態。
カービング (carving)
波のトップに来た時に倒れこむようにしてカットバックする高速ターン。
風波 (wind swell)
うねりではなく、風の影響で立った波のこと。ウィンドスウェルとも言う。
カットバック (cutback)
波のパワーゾーンに対してボードが進み過ぎてしまった場合に、ターンして波が崩れる位置に戻るテクニックのこと。
カレント (current)
潮の流れのこと。
ガン (gun)
ビッグウェーブ用に作られたサーフボードのこと。ロングボードと違って、ノーズとテールが尖っていて、その長さの割に幅が狭く厚みがある。
キックアウト
プルアウトの一種でボードを蹴り出して波の上に飛び出すこと。
キックターン (kick turn)
ロングボードのテクニックの一種で、後足でボードを蹴り出すターンのこと。
キックテイクオフ (kick takeoff)
パドルせずにボードを沈め、波がボードを押し上げる力を利用してテイクオフする。「刺し乗り」とも言う。
キックノーズ (kick nose)
ボードのノーズが大きく反ってる形のこと。
キャリア (carries)
ボードを車の屋根に載せて運ぶための道具。
グーフィー
岸から見て、左から右に向かって徐々に崩れていく波のこと。
グーフィーフッター (goofy footter)
テイクオフした時に、右足が前足になるスタンスの人のこと。
グランドスウェル (graund swell)
台風などによる大きな波のうねりのこと。
グラッシー (glassy)
無風状態の時、波の面がツルツルで、ガラスのような状態。
グリーンルーム (green room)
チューブの中の空間のこと。関係者の間では「神聖な場所」とされる。
クリス・クロス (criss cross)
サーファーがライディング中に交差すること。
クレスト (crest)
波が最も高くなる頂点のこと。
クローズアウト (close out)
波のサイズが大きくなりすぎて、波が左右に徐々に崩れずに一度に崩れてしまうこと。
クロス・ステップ (cross step)
ロングボードの技の一つ。ノーズに向かって歩く際に、足を交差させて行く方法。
ゲッティングアウト (getting out)
パドリングで沖へ出ること。単にゲットと言う場合もある。
コーラル・リーフ (coral reef)
サンゴでできた海底のこと。
コンケイブ (con cave)
ボードのボトムに、丸い溝をつけたデザインのこと。

さ行

サーファー (surfer)
サーフィンをする人のこと。
サーファーズイヤー (surfers ear)
サーファーに多く見られる耳の病気のこと。耳に水が入ってしまうことや、耳に強い冷たい風を受け続けることで、耳の奥にある骨部外耳道に変化が生じて耳の穴が狭くなってしまう。症状としては、外耳炎になりやすくなる、耳垢が溜まって耳の水が抜けにくくなる、音が聞えにくくなってしまう、などが挙げられる。サーファーズイヤーを防ぐには耳栓を付けること。
サーフエリア (surf area)
サーフィンする場所のこと。
サーフスポット (surf spot)
サーフィンするのに適した場所のこと。良い波が立つことが条件。
サーフトリップ (surf trip)
サーフィンをするために旅をすること。世界中のサーフスポットへ向かい、サーフィンすることを目的とする。
サーフポイント (surf point)
波の立つ半島のこと。
サイドショア (side shore)
横から吹く風のこと。サイドショアでオンショアの場合は「サイドオン」と呼ばれる。
サウスショア (south shore)
南に向いた海岸線のこと。
サックアウト (suck out)
巻き波に巻き込まれてしまうこと。
サンドバー (sand bar)
海中にできた砂の堆積のこと。
シーガル (seagull)
半袖長ズボン型のウェットスーツのこと。
シークレットスポット (secret spot)
あまり知られていない穴場的なサーフスポットのこと。
シェイパー (shaper)
サーフボードを作っている職人のこと。
JPSA(ジェーピーエスエー)
ジャパン・プロフェッショナルズ・サーフィン・アソシエーションの略。
シャッフル (shuffle)
ボードの上でスタンスの位置を変えること。通常すり足で行う。
ジャミング (jamming)
他のサーファーのライディングを邪魔すること。
シャロー (shallows)
浅瀬のこと。
ジャンプスルー (jump through)
波を飛び越えて沖へでること。
ショア (shore)
海岸の意味。沖から見たときの岸のこと。
ショアブレイク (shore break)
波打ち際でブレイクする波のこと。
ショート・ジョン (short john)
ノースリーブ半ズボン型のウェットスーツのこと。
ショート・ボード (short board)
サーフボードの種類。6.11ftまでの長さのボード。
ショルダー (shoulder)
波の切れ目の面のこと。
スイッチ・スタンス (switch stance)
波に乗りながら途中で足の位置(前後関係)を変えること。
スウェル (swell)
「うねり」のこと。
スープ (soup)
波が崩れた後に出来る白い泡立った波のこと。
スキムボード (skimboard)
波打ち際の薄い水の層を滑るボードのこと。
スケッグ (skeg)
サーフボードに付いた方向舵のこと。フィンのこと。
スケッグファースト テイクオフ (skeg fast takeoff)
テールを前ににしてテイクオフし、波に乗ってから半回転する技のこと。
スケッグ・フィン (skeg fin)
サーフボードのボトムのテールよりについている舵のこと。
スタンス (stance)
サーフボードに立った時の足の位置のこと。
ステップ・バック (step back)
サーフボードのノーズからテールへ歩いて移動すること。
ストリンガー (stringer)
サーフボードの中心にある木製の薄い板。
スピナー (spiner)
サーフボードの上で体を回転させる技をやる人のこと。
スピン (spin)
サーフボードの上で体を回転させる技のこと。または、ボディーボードで波の面で横回転する技のこと。
スピンアウト (spin out)
バランスを崩して、テールやフィンが海面から抜けること。
スプーキー (spooky)
風が強い状態。ウィンディーとも言う。
スプリング (spring)
半袖半ズボン型のウェットスーツのこと。
スプレー (spray)
波に乗った勢いで出る水しぶきのこと。
スネーキング (snaking)
すでにパドリングを開始して、テイクオフ体勢に入ってるサーファーの奥に回り込んで邪魔をしてしまう行為。
スラッピー (slappy)
不規則にやってくるうねりのこと。
スラローム (slalom)
大きなカーブを描きながら連続ターンをすること。
スリーシックスティー (360)
ボードを360度横回転させる技のこと。
スロープ (slope)
波の斜面のこと。
セクション (section)
一定のリズムで崩れている波が、不規則な崩れ方をする場所のこと。
セット (set)
周期的にやってくるうねりの集まりのこと。
セミドライ (semi dry)
ウェットスーツの一種。ウェットスーツより保温性に優れ、ドライスーツより運動性に優れている。
ソフトレール (soft rail)
サーフボードのレールの断面が全体的に丸みをおびてるもの。

た行

ダッグダイブ (duck dive)
沖を目指す際に、波の下をくぐり抜けてかわす行為。日本では「ドルフィンスルー」と呼ぶ場合もある。
タッパ (tapper)
半袖の上着型のウェットスーツのこと。
ダ・フイ (Da Hui)
ハワイ語で「波乗りたちのクラブ」と名付けられたクラブ。正式名称は「Hui O He’e Nalusurf club」。1975年ハワイ・オアフ島のサーファーやライフセーバーたちによって設立された。
ダンパー (dumper)
横一線で一気に崩れる波の事。
タンデムサーフィング (tandem surfing)
サーフィンを二人乗りで行うこと。
チーター・ファイブ (cheetah five)
片足を前に伸ばして、ノーズの先端に足を掛ける技のこと。
チャンネル (channel)
ボードのボトムについた溝のこと。
チューブ (tube)
波の巻いている部分のこと。
チューブ・ライディング (tube riding)
チューブの中に入ってライディングすること。
チョッピー (choppie)
強いオンショアにより、海面が白くさざ波立つこと。
チョットバック (chotto back)
カットバックを失敗して中途半端になってしまうこと。
ツインフィン (twin fin)
フィンが2枚ついてるサーフボードのこと。
テール (tail)
サーフボードの後端のこと。
テールロッカー (tail rocker)
テールの反りのこと。
テイクオフ (take off)
波に乗ること。
ディング (ding)
サーフボードのへこみ傷のこと。
デッキ (deck pat)
サーフボードの表面のこと。
デッキパッチ (deck)
サーフボードの表面に貼り付ける滑り止めのこと。
トップ (top)
波の上の部分。
トップターン (top turn)
波の上の部分で行うターンのこと。
ドライスーツ (dry suit)
内部に水が浸入しない構造になっている水中用ボディースーツのこと。首回り、手首、足首をきつく締めて水の侵入を防ぐ。
トライフィン (tri fin)
フィンが3つ付いているサーフボードのこと。
ドライブ (drive)
サーフボードのレールを海面に食い込ませて、加速しながらターンする技のこと。
トラック (track)
波乗りした軌跡のこと。
トリミング (trimming)
波がないセクションを小刻みなアップス&ダウンでつないでライディングしていくテクニックのこと。
ドルフィンスルー (dolphin through)
沖を目指す際に、波の下をくぐり抜けてかわす行為。日本独特の呼称で、通常は「ダッグダイブ」と呼ぶ。
ドロップ・イン (drop in)
波に乗ってるサーファーの前から乗ろうとすること。「前乗り」とも言われる。
ドロップ・ニーターン (drop knee turn)
後ろ足の膝を曲げたまま曲がるテクニックのこと。ロングボードの技。

な行

ニーターン (knee turn)
後ろ足の膝を曲げて、ボードにつけた状態でターンするテクニックのこと。ロングボードの技。
ニードルノーズ (knee turn)
ノーズの先端が細くとがったサーフボードのこと。
ニーボード (knee turn)
ハーフサイズのサーフボードのこと。膝で座ってライディングする。
ニーリング (kneering)
ボードの上に正座してパドルする方法。「ニーパドル」とも言う。
ニットケース (nit cover)
サーフボードを収納するニット製のケースのこと。
ノースショア (north shore)
北に面した海岸のこと。
ノーズ (nose)
サーフボードの先端のこと。
ノーズ・ライディング (nose riding)
サーフボードのノーズ部分に立って波に乗ること。ロングボードの技。
ノーズロッカー (nose rocker)
ノーズの反りのこと。

は行

ハードケース (hard case)
サーフボードを収納する頑丈なタイプのケース。
ハードレール (hard rail)
ボトム面との角が鋭角なレールの形状のこと。
パーリング (pearling)
テイクオフしたときにボードの先端から、波に突っこんでしまうこと。
ハイタイド (high tide)
満潮のこと。
ハウジング (housing)
水中カメラ用の防水ケースのこと。
バックウォッシュ (back wash)
沖に戻る波が岸に向う波と衝突してできるしぶきのこと。
バック・サイド (back side)
波を背にしてライディングするスタイルのこと。反対はフロント・サイド。
パドリング (paddling)
沖に出るために漕ぎ出す行為のこと。
パドルアウト (puddle out)
パドリングで沖に向って漕ぐこと。
パドルボード (puddle board)
オールを使ってパドルして波に乗るボード。ロングボードよりも大きい。
パワーコード (power code)
ボードが流されないために体とつないでおくコードのこと。リーシュコードとも言う。
バンク (bunk)
海底が台形になっている地形のこと。良い波が立ち易い。
ハングアップ (hung up)
波が荒くサーフィンができそうもない海のこと。
ハング・テン (hung ten)
足の指を10本揃えてノーズに立つテクニックのこと。
ハング・ファイブ (hung five)
足の指を5本揃えて、片足でノーズに立つテクニックのこと。
ピーク (peak)
波が崩れる一番高い部分のこと。
ビーチブレイク (beach break)
海底の地質が砂で形成されたポイントのこと。地形が変わりやすいので、波の形も変化する。
ビーディング (beating)
バタ足のこと。キックを繰り返して前に進む。
ヒート (heat)
サーフィンの試合で「組み合わせ」を表現する言葉。
ビッグガン (big gun)
大波にトライするために作られたサーフボードのこと。
ファンボード (funboard)
長さが7ft~8.11ftまでのボードのこと。
フィン (fin)
サーフボードに付いてる小さい方向舵のこと。
フェイス (face)
波の斜面のこと。
フェイド・ターン (fade turn)
崩れる方向とは逆にテイクオフして、ターンするテクニックのこと。波のピークにタイミングを合わせる時などに使う。
フック (hook)
波が巻き上げて、横から見るとつり針の形になっている波のこと。
プッシング・スルー (pushing through)
波が来た時に、下に潜らずにボードを沈めてかわしながら沖に出るテクニックのこと。
フラット (flat)
波がなく、海面が穏やかな状態のこと。
プルアウト (pull out)
乗っている波から降りて、ライディングを止めること。
フレックス (flex)
ボードのしなり具合のこと。
フローター (floater)
崩れる波の上を通過してボトムに降りるテクニックのこと。
プローンアウト (prawn out)
サーフボードの上に腹這いになること。
プローンスタイル (prawn style)
サーフボードの上に腹這いになってパドルすること。
ブロウンアウト (brown out)
強風が吹き荒れること。
フロント・サイド (front side)
岸を背にしてライディングするスタイルのこと。反対はバック・サイド。
ベイルアウト (bailout)
サーフボードから飛び下りること。
ヘッドディップ (head dip)
波の中に頭を突っ込むテクニックのこと。
ヘッドムーブ (head move)
進行方向に頭を向け、ターンの準備をすること。
ヘリコプターターン (helicopter turn)
空中で横一回転するテクニック。サーフィンの中でも難易度の高い大技。
ポイント・ブレイク (point break)
海底が岩や珊瑚などで形成されていて、波が規則正しくブレイクするサーフポイントのこと。
ボウル (bowl)
すり鉢状にえぐられた波のこと。
ホットドッグ (hotdog)
攻撃的で熱いライディングをすること。
ボディーサーフィン (body surfing)
サーフボードを使わずに、足ヒレだけで波乗りすること。
ボトム (bottom)
サーフボードの接水面のこと。また、波の一番低い位置のこと。
ボトム・ターン (bottom turn)
波の一番低い位置でターンすること。
ホワイト・ウォーター (white water)
白いさざ波のこと。スープとも言う。
ホロウ (hollow)
波にチューブができたときの空洞のこと。

ま行

マッシー (massy)
斜面が緩やかな厚い波のこと。
マニューバ (maneuver)
ライディングによって、波の表面に描く軌跡のこと。
メロウ (mellow)
ゆっくりとやってくる勢いの無い波のこと。

ら行

ライディング (riding)
波に乗る行為。
ラウンドハウスカットバック (round house cutback)
大きなカーブを描くダイナミックなカットバックのこと。
ラッシュガード (rashguard)
体の擦れや日射しから体を守る薄手の衣類のこと。
リーシュ (leash)
ボードと体をつなぐコードのこと。パワーコードとも呼ばれる。
リーニングターン (leaning turn)
体を少しずつレールに傾けて行うターンのこと。
リーフ (reef)
岩場の海底、珊瑚礁のこと。
リーフブレイク (reef break)
海底が岩または珊瑚礁の所に立つ波のこと。
リエントリー (re entry)
一旦波から離れて、再度波に乗ること。
リッピング (ripping)
波の崩れ際をライディングすること。
リップ (rip)
波の崩れそうな先端部分のこと。
リップカレント (rip current)
岸から沖に向かって流れる海中の流れのこと。
リペア (repair)
修理すること。
レイト・テイクオフ (late takeoff)
波が崩れてから、遅れてテイクオフすること。
レイドバック (laie back)
ボードに対して仰向けに反り返って、背中を波面につけるテクニックのこと。
レジェンド (legend)
伝説のサーファーのこと。
レール (rail)
サーフボードの両側面のこと。
レールワーク (rail work)
水中でのレールの切りかえしのこと。
レギュラー (regular)
左足を前にして立つこと。または、岸に向って右側に向って崩れる波のこと。
ローカル (local)
サーフポイントのそばに住む地元の住人のこと。
ローカルサーファー (local surfer)
現地に住んでいるサーファーのこと。
ロータイド (low tide)
干潮のこと。
ローラーコースター (roller coaster)
波が崩れてできたスープの上に乗り上げるテクニックのこと。
ロッカー (rocker)
サーフボードの「反り」のこと。
ロング・ボード (long board)
9ft以上の長さのあるボードのこと。
ロングライディング (long riding)
長く波に乗ること。

わ行

ワイプアウト (wipeout)
バランスを崩してボードから落ちること。
ワックス (wax)
サーフボードのデッキに塗る滑り止めのこと。
コメント
コメント投稿
URL:
コメント:
PASS:
秘密: 管理人のみに公開
 
≪次のページ|トップ|前のページ≫
[ FC2 ID ][ Template by ウェブランサー ]
[FC2 AD]